読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンキーのVG&SB日和

チンパン賢者がVGとシャドウバースについて色々書きます。

チンパンライザー

賢者構築を晒しつつ頭の悪さをアピールしていくスタイルは突き通したいと思います

G4
メテオカイザー ビクトプラズマ 3
他自由枠 13

G3
アルティメットライザー・MF 4

G2
アルティメットライザー・DF 4
フェニックスライザー・FW 4
ストリート・バウンサー 4

G1
シールドライザー 4
キャノンライザー 2
エネルギー・チャージャー 3
叫んで踊れる実況 シャウト 4

G0
ネコ執事 4
進化転生 ミライオー FV

トリガー
レッド・ライトニング 4
バニラ☆ 12


採用カード解説
・ビクトプラズマ
CB4払えば初回でも使えるのでネコ連打でトドメを刺しきれなかった時や序盤殴りまくったけどネコが無かった時のダメ押しに。
一回しか乗らないので3枚。

・他Gゾーン
ビクトプラズマ以外はマジで使わないので何でも良いです。
ビクト・テンとアシストで除外するカモフラージュ用のGガーディアンぐらいはあっても良いか。


・ライザーMF
主軸。素で20000と言うパワーの低さがGガーディアンのある現環境で露骨に足を引っ張っていますが
レイフォやシングと比べて☆増強によりガード自体は吐かせやすい点で差別化できています。


・ライザーDF
メイト。3でも回るけどG2乗り直しがあるためG2自体を増やしておきたいと言う理由で現在4投。

・フェニックス
バニホ。エネチャやネコ執事でもライン組めるぐう聖。

・ストリート
ネコ執事を握らないと話にならないデッキなので積めるドロソはガツガツ積みます。


・シールドライザー
QW。レギオン主軸であるのとG34枚構築のため26k程度なら十分止まるのでコイツで。

・キャノンライザー
ケイ。序盤から要求を取っていくこのデッキでは有用な存在なので空き枠にとりあえず入れてあります。

・エネルギーチャージャー
カットラス互換。1枚は握りたいけど逆を言うなら1枚で良いのと乗りたくはないので悩んだ結果3枚。

・シャウト
ジョー互換。ドロップ肥やしとマリガンを同時にこなす有能。


・ネコ執事
主軸。ライザーMFの20000というパワーが低すぎるためレギオンターンに2枚はないと厳しい。

・ミライオー
序盤にソウルに入れてG34枚構築によるG3を握れる確率の低さを少しでも補えるFVがコイツしかいなかった。

・トリガー配分
☆16。ウキールホホッって言いながら殴って最後にニャーって言いましょう(ガイジ)
マジレスするとヒール捲って耐えるより☆捲って殺しに行った方が早い。


立ち回り
序盤
マリガンの優先順位は
ネコ>エネチャ=ストリート>シャウト=G2>その他
まともに安定マリガンしても握るもん握らないと話にならないのでネコとそれを引きに行けるパーツは優先的に残しそれ以外は戻します。
後攻なら乗って効果を打ちに行けないシャウトの優先順位が若干落ちてG2の優先順位が上がります。

あとは基本的に並べて殴ります。
シャウトやストリートをブン回してネコを引きに行くのも忘れずに。
先駆はリア裏で。ストリートでレストしてそのままソウルに入ったりバニホでライン組んだり。
かげろうのような序盤から除去してくるクラン相手でなければトリガーやネコも並べて大丈夫です。



中盤
ネコを引けていない場合はシブリーズなんて気にせず2で止めて大丈夫です。

シブリーズで動けるクランはできればマッチング自体したくないですがマッチングした場合は乗り直しで上手く対応しましょう。

相手が初回超越がそんなに強力でないクランで尚且つ序盤にしっかり殴れてるなら普通にG3に乗っても返しに初回ビクトプラズマで殺せる可能性もあるのでその点も頭に入れて立ち回りましょう。

ネコを2枚握れたらいよいよG3に乗ります。
☆4枚を戻してレギオンしてネコを2枚以上叩きつけて殴るだけで大体死にます。



終盤
ネコを握れなくてこっちが死んでるか相手が轢き殺されてるか虫の息なのでファイトが終わっていない場合はビクトプラズマやドライブで握ったネコを叩きつけるなどして殺しに行きましょう。




では環境相手について。
・対ナイトローゼ
3点で止めておけばシブリーズから焼かれる事はない点、
ガッシュの存在から☆が大量にソウルに入ってる場合は先超越を渡さないようにする点、
ここだけ気を付けておけば大丈夫です。
ストリートやエネチャでリソースを稼ぎながらやれば序盤も殴り負けません。
環境組では比較的楽。


・対アーシャ
3点あればシブリーズでもストライドボーナスとエルミから動けてしまうのでかなり嫌な相手です。
リソースが尽きる前に札が揃うことを祈りましょう。
気を付ける事ができる点と言えば1点はこちらも貰いたいので後攻1ターン目だけは横を並べずに殴りに行きましょう、先攻ならQWかエネチャに乗れれば安定して1点を貰えます。
環境組で一番相手にしたくないデッキ。



・対メサイア
☆の上がる条件にレストしているユニットの枚数を要求しているため前列を全て呪縛されてしまうと機能停止してしまいます。
G2止めを駆使したりシブリーズを使わせる事が見えている場合はネコは温存する等札の並べ方に気を付けましょう。
前列後列1面ずつなら呪縛されても何とかなるため
アレスターがドライブで見えて温存してきた場合以外は2止めが通用する点は安心。



・対フェンリル
シブリーズに乗ってもソウルが余程良くないと動かないのでG2止めがある程度通用するのは嬉しい点。
仮にシブリーズから無理矢理殴りにかかられても耐えさえすれば序盤にしっかり殴れているor札が揃っていれば返しに殺せます。
多分これも環境組の中では比較的楽。



・対ノキエル
G3でリソースを稼いでくる点、
シブリーズでGBを有効化させてしまうとブロークンG1ノキエルのコンボで要求が取れなくなってしまう点、
Gガーディアンでトリガーを乗せられても要求を取れなくなってしまう点、
これらの点から序盤にどれだけきっちり殴れているかが重要になります。
幸い相手は序盤に関しては強くないので札を全て叩きつけてネコ1枚orビクトプラズマで勝てるような状況に持っていきましょう。
と言うかそうしないと勝てないぐらい中盤以降は相性最悪です。



・対ギアクロ
チクタクメラムされるパターンはかなり減りましたがそれでもGBを有効化されるとリソースを稼がれるので出来るなら乗り直しも視野に入れながら戦いましょう。
カリブムが採用されている可能性も0ではないためG0は極力並べないようにしましょう。
理不尽さは大分緩和されたとは言え比較的やりにくい相手なのは間違いないです。



・対七海
基本的にはナイトローゼと変わりありませんがリミットブレイクがある点だけ留意しましょう。



色々書きましたがつまり


f:id:vghirano:20160905004236p:plain


猿してれば大抵どうにかなります。