読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンキーのVG&SB日和

チンパン賢者がVGとシャドウバースについて色々書きます。

自己、ブログ紹介

マンキーです。ウキーッ!

使用クラン(随時更新)
グランブル
・ギアクロニクル
・ロイヤルパラディン
・リンクジョーカー

使用デッキ(シャドウバース)
・テンポエルフ(メイン)
・ランプドラゴン
・テンポウィッチ
・ミッドレンジロイヤル

ブログはほぼヴァンガードとシャドウバースに関してで
・偏見にまみれたカードの解説
・賢者構築を晒しに行った挙げ句どや顔で構築を語る賢者プレイ
を主に行っていきます。

構築に関しましては有名プレイヤーのブログやCSの優勝構築など他に有用なものがたくさんあるので
差別化を頑張りたいと思います……。

【SB】テンポエルフ【改造ならぬ変造】

f:id:vghirano:20170126010329p:plain

変更点として
・ゴブリンとシールドエンジェルを抜いて舞踏を
・シンシアを増量

よってただのテンポエルフになりました、ただリザなどを入れていない=リノの確定サーチに重点を置いているのでどちらかと言えばハイブリッド型。

シンシアは2のままで妖精のいたずらを入れてコンボ寄りにしても良さそう。

ネクロが辛いのは変わらないのでどうしても嫌ならシンシアを減らしてオーディンを入れよう(脳死)

【SB】テンポエルフ【バハムート環境】

マンキーでsウキーッ!

最近シャドウバースを始め、仕事柄上休みが不定期になりがちなので平日休みなどにやっていたら割とハマってしまいました。
とは言えランクはまだB3なので当面はA帯に上がるのが目標ですね。

と言うことでバハムート降臨直前ぐらいにシャドウバースを始めた新参が色々回してみて今使ってる構築はこちら。

f:id:vghirano:20170117044022p:plain

構築的にはテンポエルフにフィーナゴブリンセットを突っ込みさらにミニゴブリンのサーチ先をリノだけにしたものとなっています。
さらに複数除去を狙える森の意志や4枚目のコスト3守護を導入するなど、ややアグロ系を意識した構築となっています。

元々テンポエルフを使用していてバハムート環境になりコンボエルフを使っていたのですが

・守護を次々出されるとそれだけで辛い
・環境トップにはほぼ五分~五割五分止まり

と言った要素からテンポならいけるはずの秘術ウィッチやコントロールビショップにボコボコにされたり
アグロヴァンプに序盤に削られて守りきれなかったり中盤ドロシーを返せない展開が毎回ではないにしろありました。

ただテンポエルフはテンポエルフで不利なマッチングが多いのも事実。

そこで考えついたのがコンボエルフの弱点である守護対策と中盤の守りの薄さを補う事でした。
元々これらはテンポエルフであればできていた事だったので
「合わせればいけるんじゃね?」
となりました。
うーん、この単純な発想。
ただコンボエルフの瞬間火力とテンポエルフの対応力は上手く同居できたかなと思うので良かったら回してみてください。
ただこのままだとミッドレンジネクロがかなりきついのでミッドレンジネクロを見るなら構築変えた方が良いです。

■入れ替え案
・死の舞踏
主にテンポエルフだと天敵になりえる対カルラに。場にフェアリー1枚ぐらいしかいないなら自爆特攻してから舞踏で除去しラストワードを不発させましょう。
何がなくとも確定除去なので打てる相手は他にもいるはず。
シンシアや森の意志との入れ替え候補

・フェアリーナイト
対ユリウスや小型を殴って体力の減ったハンマーを持ったハゲや若い頃を思い出すジジイを始末するのに使えます。
コンボエルフのテンプレに採用されているカードでシールドエンジェルとか入れるぐらいならこっちの方が多分強いです、
ティアなどとの入れ替え候補

・妖精のいたずら
リノやティアをバウンスでき、不確定とは言え一時的に相手フォロワーをどかせます。
相手がモルディカイなどの非ファンファーレ持ちの大型しか立たせてないみたいな状況ならかなり強いです。

メサイアカオス

手堅い構築のカオスに飽きてきたのでフリーで自分がウホー!することをモットーに組み直しました!

弱くなってる気がするけど気にしない└(՞ةڼ )」


■グレード3:6
2:オルターエゴ・メサイア
4:星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン

■グレード2:12
4:アレスター・メサイア
3:黒色矮星レディバトラー
3:星輝兵 コロニーメイカー
2:伴星の星輝兵 フォトン

■グレード1:14
3:混迷の星輝兵 ジンク
3:サクリファイス・メサイア
4:真空に咲く花 コスモリー
4:デスティニー・ディーラー

■グレード0:18
4:回想の星輝兵 テルル
1:錯綜の星輝兵 カーボン
4:星輝兵 ヴァイス・ゾルダート
1:星輝兵 ダストテイル・ユニコーン
4:星輝兵 ネビュラキャプター
4:星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン

■Gゾーン:16
2:星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン
2:創世竜 アムネスティメサイア
1:創世竜 エクセリクス・メサイア
3:創世竜 フラジオレットメサイア
4:滅星輝兵 カオスユニバース
1:滅星輝兵 デモンマクスウェル
2:メタルエレメント スクリュー
1:ライトエレメント アグリーム


カオスはユニバース使うために入っていると言う感じですね、
フリー相手がミラーかナイトローゼなので呪縛要員は大分減りました。
そのため拘束力の面では落ちているのでネオネクとか相手はオルターエゴの超越ボーナス用のリアガードをあらかじめ並べておくなど工夫が必要になっています。

そしてただのメサイアと比べるとユニバースが使える分「自身を裏返す札を引かなくて何もできない」事がほぼなくなる点で勝ります。


まぁ手堅い構築が安定なのは間違いないのでリンクでガイジしたい人向けですね。

ヴァンキッシャー “MONKEY”

■グレード3:7
3:抹消者 ドラゴニック・ディセンダン
4:ドラゴニック・ヴァンキッシャー

■グレード2:12
4:ボルテージホーン・ドラゴン
4:マーシャルアーツ・ドラゴン
4:ロッククライム・ドラグーン

■グレード1:14
4:チェインボルト・ドラグーン
4:ドラゴンダンサー アナスタシア
2:ドラゴンダンサー ファティン
4:マイティボルト・ドラグーン

■グレード0:17
4:抹消者 ブルージェム・カーバンクル
4:凱旋の雷 レシェフ
4:蠱毒の抹消者 セイオウボ
4:ドラゴンダンサー ヴィアンネ
1:ワイルドラン・ドラグーン

■Gゾーン:16
1:エアーエレメント シブリーズ
2:護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン
2:征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン
4:征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VOLTAGE”
2:征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”
2:真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント“Z”
2:雷王霊帝 ヴリトラ
1:ライトエレメント アグリーム


■主な採用カード
○ヴァンキ
メインV。 

○ディセ
トドメ用のZのハーツ要員として運用。


○マーシャルアーツ
速攻に雀の涙程度の耐性が得られグランブルー相手にバインドを狙える、なるかみでは貴重なカードです。
マイティと組めば21ラインを組めるのも○。
ただぶっちゃけチャトゥラで良い感はありました。

ロッククライム、ボルテージホーン
バインド要員、コストはアナスタシアとヴィアンネ頼り。


○アナスタシア
CBカツカツなのでコイツ一択です。

○チェインボルト
超越しないと始まらないので思考停止で4枚。

○マイティボルト
バインド要員、重要すぎて減らせませんでした。

○ファティン
リソースを稼ぐ唯一の札です。
リア裏にはマイティを置きたいのと枠の都合で2枚。


○トリガー
CBがカツカツなのでヴィアンネを採用。
ホントは☆7引5ぐらいにしたいけどVOLTAGEやコンクエとの相性は良いのでギリ許容圏内。

○ワイルドラン
グランブルー相手にバインドを狙える貴重なカード。


○VOLTAGE
ヒット時なのがホントに弱いけど初回はコイツしかなさそう。
ただGB3は場合によっては馬鹿にならないです。

○VMAX
要件にさえ目をつぶればかなり優秀なカード。
ただ1枚はゾラスに変えても良さそうでした。

○Z
トドメ担当。

○コンクエ
場合によっては使うかも。

安価で組むグルグウィント

■グレード3:7
4:旭光の騎士 グルグウィント
3:どーんがる

■グレード2:12
4:残陽の騎士 ヘンリネス
4:神聖魔道士 プイス
4:ぶるるがる

■グレード1:14
4:朝明の騎士 ホルサ
4:曙光の騎士 ゴルボドゥク
4:神聖魔道士 キャンディス
2:投刃の騎士 メリアグランス

■グレード0:17
4:キュアラブル・エンジェル
4:スカーフェイス・ライオン
1:早天の騎士 コエル
4:フレイム・オブ・ビクトリー
4:目利き鑑定人 ドナリー

■Gゾーン:16
1:エアーエレメント シブリーズ
2:黄金獣 すれいみー・フレア
4:黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
2:黄金竜 スカージポイント・ドラゴン
2:聖天祈祷師 レイア
1:白熱の黄金騎士 エブラウクス
自由枠4

店を選ばなくても10000円足らずで、
安い店を探す等すれば6000円で組めます。

○採用カード
・グルグウィント
主軸。500円TDに2枚入ってます。

・どーんがる
登場ターンに限りどこにいても機能する便利なカード。
邪魔ならインターセプトかすれいみーで処理しましょう。
当然ながら乗ると死が見えます。


・ヘンリネス
主軸にグルグを選ぶ理由になる、強力なカードです。
レアなので安価なのも○。

・プイス
今回採用したカードで一番高いカードの一つで
安くて500、7~800は見ても良いかもしれません。
ただ初回超越に必ず使うので抜けませんでした。

・ぶるるがる
要求の要になるのとコモンなのでとりあえず積みました。


・ホルサ
コイツも要求の要になります。

・ゴルボドゥク
超越コスト兼グルグサーチ。500円TDに入ってます。

・キャンディス
コンセプト的にこっちを選択。500円TDに入ってます。

・メリアグランス
1回は打ちたいですが枚数積みたくないので2枚。
コエルかスカーフェイスを吸えないと特に初回超越時にヘンリネスとコスト競合を起こす可能性があります。


・コエル
500円TDに入っています。効果もそこそこ優秀。


トリガー配分
☆8引4治4。
ヘリーの採用も考えましたがグロリアスとスタンドトリガーの相性が悪すぎたので抜きました。


・グロリアスレイニング
今回採用したカードで一番高いカードの一つ。
2回目以降の超越は専らコイツに乗って戦います。

・スカージポイント
初回超越の安定択。500円TDに入っています。

・エブラウクス
どーんがるライド時に札が足りないなら。
正直なくてもどうにかなります。


○追加の採用候補
・旭光剣爛 グルグウィント
ゴリラ。GRなので今回は抜きました。

・スピアクロス
RRRなので抜きました。1組はあっても良いかも。

・ジェフリー
メリアグランス以外のCC要員を積めるなら。
効率的に後列を空けられるので悪くはないです。

ガッシュうほー!

■グレード3:7
1:悪霊竜 ガストドラゴン
2:一鬼当千 ナイトストーム
4:夜霧の吸血姫 ナイトローゼ

■グレード2:13
3:キング・サーペント
4:倦怠の呪術師 ネグロレイジー
3:スケルトンの砲撃手
3:腐海の呪術師 ネグロルーク

■グレード1:13
4:お化けのとみー兄弟
1:お化けのべいる
4:竜巻のジン
4:粉骨の呪術師 ネグロボーン

■グレード0:17
4:荒海のバンシー
4:お化けのみっく一家
4:おまじないするバンシー
1:死せざる死者 グルナッシュ
4:ランペイジ・シェイド

■Gゾーン:16
4:嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ
1:エアーエレメント シブリーズ
2:お化け大王 おばだいあ
2:蝕骸竜 ディープコープス・ドラゴン
1:深淵の海賊王 ブルーハート
4:霧幻の海賊王 ナイトローゼ
1:夜宴の大呪術師 ネグロリリー
1:ライトエレメント アグリーム





\3:キング・サーペント/

f:id:vghirano:20160908063750j:plain
↑読者の皆様


初回超越で握ってガッシュうほー!ってしたいのに握れないから増やしました(思考停止)

と言う事でコンセプトは「初回ガッシュうほー!」です。



以下採用カードについて。


ガッシュ
今回のキーカードその1。
初回に超越する事でG3ローゼのGB2を早期に達成させる事で立ち回りのパターンを広げる事ができます。
単純に更地からのフル展開、
☆トリと砲撃を蘇生して大量ドローからの耐久、
みっくと連パン要員を蘇生してみっくを山に帰してからスタンドトリガーも絡めた連パン、
何でもござれのカードです。
2回しか乗れないの?って思うときもたまにあるぐらい使えます。


・G4ローゼ
使わない方が連パンできるパターンもありますがそれでも選択肢としては有用です。
2回乗る事はあまりありませんが他に入れたいカードもないので4枚。


・おばだいあ
ドロップが揃っていない時の安定択。
G4ローゼと同じ理由で2枚。


・ブルーハート
ソウルがないorガッシュをとっておきたい場合で尚且つドロップから複数カードを引っ張りたい時と言う限定的な場面で使うかも知れないです。
なくてもどうにかなりますが枠は余っているので投入。


・シブリーズ
乗ってもそんなに強くないですが枠が余っているのと次回は超越先を選ばずGB2を達成できる為投入。
起動効果なので乗る前にグルナッシュを同ターンで圧殺してストライドボーナスですぐに蘇生できるのは嬉しい点。
ストライドボーナスを使わずにレイジー手出しからグルナッシュを蘇生させる手もあります。


・ネグロリリー
G3ローゼGB2と組み合わせてレイジーや砲撃を相手ターンに使用するために使います。
2枚欲しい場面はなかったのでピン。



・G3ローゼ
主軸。ネグロリリーの登場でGB2を相手ターンにある程度能動的に使えるようになったのはプラス点。


・ストーム
連パンの要。レイジーボーンと違い何でも蘇生できます。
アタッカーであるレイジールークの他、ボーンの前にべいるやサーペントを蘇生してパンチ数を増やしたり単純に展開に使うこともできるのでかなり強力なリアガードです。


・ガスト
サーペントの枠を割くためにルークを減らしてるのでこっちも投入。
最終盤では使えない代わりに簡単に26000ラインを組め、中盤のドロップ肥やしに貢献できる点は優秀。
本来ならなくても大丈夫です。


・サーペント
今回のキーカードその2。
ガッシュ超越時に
ストライドボーナスでサーペント蘇生

ガッシュ効果
ってやるとコール枚数が増えます。
やったね!ガッシュちゃん!お友だちが増えるよ!

他にも実質ノーコスト蘇生により連パン数を増やすなど、あるとパターンがかなり広がります。
ただ1枚握れれば良いのと最悪無くてもどうにかなるので
本来ならここは1枚に抑えて他のG2を厚くします。


・レイジー
ナイトローゼデッキのキーカード、
グルナッシュは基本的にコイツで蘇生させます。
ソウルにあるカードもコストとして落とす事で
間接的にソウルから札を用意できる点も○。
ガッシュとのコスト競合はやっててあまり気になりませんでした。
2枚握れればOKですが最悪手出しでも機能する点、
ナイトローゼのGB2との相性も良い点から
握りに行くために4枚積んでいます。

ちなみにナイトローゼGB2でエンドフェイズに蘇生して効果を打っても亡霊の退却効果とレイジーの蘇生効果の間に必ず期限がターン中の効果が消えるタイミングがあるのでコストが返ってこない点には注意。


・砲撃
蘇生された時1焼き1ドロー。
2アド稼げるのを活かして耐久に使ったり
エルミ等の厄介なFVを焼くために使います。
リリーでナイトローゼのGB2を誘発させる事で相手ターンにも登場時効果を使え、
この場合はコストが増えた代わりに焼き場所を問わずドローがついたディナイアルとして運用できます。


・ルーク
単騎16kアタッカー。
要求の要でありボーンでコールする筆頭候補
枚数的にはディスになりますが手出しでも機能します。



・竜巻のジン、とみー
説明不要。4枚。


・ボーン
連パンの要、退却させたユニットをそのまま蘇生する事もできます。
亡霊持ちしか蘇生できない点に注意。
ナイトローゼを使う理由になる強力なカードで手出しでも機能するので4枚。


・べいる
ボーンやG4ローゼで退却or圧殺する事で後続の連パン要員のコストを調達できる9000アタッカー、便利だけどなくてもどうにかなります。
海鳴りと迷いましたが今回はこっちを試験採用。



・グルナッシュ
CBを宇宙化させてナイトローゼの攻撃性能を上げている縁の下の力持ち。
ちなみに握りが強いなら先駆せずにガッシュでコールする選択肢もあります。
対フリーズレイではコールするタイミングに注意。


・荒海、ランペイジ
ソウルに入ってドローする☆。
ガッシュのコスト確保に有用な他、
ガッシュで砲撃と一緒に蘇生する事でガッシュのソウルコストを実質的に減らしつつ大量ドローに繋げられたりもします。


・みっく
七海真っ青の要求を叩き出すパーツである他、
また、リリーの追加で相手ターンにVを21000にするパーツにもなりました。